有料老人ホームは介護の必要度合いにより選択

有料老人ホームは主に民間が運営する老人のための居住施設ですが、入居者の健康状態によって種類が分かれます。
入居者が健康で自力で生活できる場合は、居室が広い居住用の老人ホームが用意されています。

有料老人ホームにはもう一つのタイプがあり、入居者が介護を必要とするホームです。

消費者庁情報を集めたサイトです。

有料老人ホームは大きくこの2つのタイプに分かれ、それぞれに部屋の間取りや居住条件、料金も違ってきます。

介護を必要とする老人ホームは、経営者が介護保険収入を見込んで運営しているので、多くの場合、入居費は低額に抑えられています。
間取りはトイレと洗面台が付いた個室が廊下やホールを挟んで配置され、食堂と浴室は共同使用となっています。



徘徊する入居者を念頭に館内への出入りは管理され、自由な出入りは制限されます。
食事は食堂で配膳されますが、食堂までの移動がむずかしい入居者には個室まで食事が運ばれ、飲食の手助けも行ってくれます。

入浴は介護用の浴槽が整備され、職員の補助を受けて入浴を済ませます。

一方、健康な入居者を対象にした老人ホームは、一般に入居費が高額で、建物も立派な仕上げがされています。


居室は広く、バス、トイレ、ミニキッチン付きのマンションとあまり変わらない間取りとなっていますが、外部から直接出入りはできず、共用の玄関から廊下等を経て居室へ入る造りになっています。


居住者が退屈しないように、さまざまなイベントが企画され、楽しい生活を送ることができます。

食事の内容も工夫され、年配者が食べやすい食材と、変化にとんだメニューが用意されています。