有料老人ホームの特徴

有料老人ホームとは、食事や洗濯などの日常生活の世話や、リハビリやカウンセリングなど、幅広いサービスが受けられる有料の施設です。

民間の事業者によって運営されており、入居にあたっては多くの場合、初期費用と月額使用料を支払います。
また、要介護者や高齢者によって受けられるサービスに違いがあるので、有料老人ホームを選ぶ時には注意が必要です。


要介護認定された高齢者を受け入れる施設では、医療ケアに対応していることが多く安心です。

スタッフが常駐していない住宅型有料老人ホームでは、介護が必要な時は外部サービスでの介護を受けることができます。

wikipedia情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

レクリエーション施設が充実しており、介護付き有料老人ホームより利用料が安いのが特徴ですが、重度の要介護認定された高齢者には、介護サービス費用が割高です。

有料老人ホームへ入居を希望する時は、各施設へ入居申し込みを提出します。



住民票や所得証明、健康診断書など必要な書類を提出し、スタッフによる面談で入居が決定されます。

宮城の有料老人ホームの最新情報を公開しています。

施設によっては、伝染する恐れのある病気にかかっていないことや身元引受人がしっかりしていることが条件となる場合があります。
入居料や介護料の支払い能力の有無や受け入れ年齢、介護レベルによって入居資格に違いがあるので事前の確認が必要です。

実際に足を運び、周辺環境や設備の確認をしたり、体験入居制度を利用してホームでの生活を経験することで、納得のいくサービスが受けられる施設を選択しましょう。