養護老人ホームの特徴について

老人ホームの中には養老老人ホームという施設もあります。


この施設の対象となる人については、65歳以上であり、さらに心身上の障害および低所得などの経済的な理由によって、家族との同居や養護が難しいと思われる人が対象となっています。入居ができるかどうかについては、養護老人ホームを管轄している福祉事務所がその決定をする高尾tになりますが、基準としては、身体や精神の障害によって自立生活が困難、介護を行っている家族が生活保護を受けていて、市民税が非課税世帯であるということが条件になります。


養護老人ホームは、介護保険上に位置づけられた施設ではなく、福祉施設としての位置づけになるので、身の回りのことをすることが困難な寝たきりのような状態では利用することができないということになります。



養護老人ホームには、医療サービスも設置されてはいますが、実際には医療サービスについては必要最小限の提供ということになっています。

NAVERまとめに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

そのため、例えば痰の吸引をするためにチューブなどを使うなどの医療行為や流動食を鼻から投与するといった医療行為については行うことができず、そのような医療的処置が必要な人はホームに入所することができない場合があります。


また、入所してからこのような医療的処置が必要になってしまった場合は退去することになることがあります。

もし、入所中に入院した時においても場合によっては退去することになるので、その場合は他の入居施設を検討することになります。

目的に応じた広島の老人ホームに関する情報収集をサポートします。